2012年05月27日

いろんなことがありました。。。

1ヶ月が本当に早い。
今月は特にそう感じる。。。

やっとパソコンが直ってきて(←故障してました)、久々の更新ですね。

ここんところ、毎週の様に、息子の予防接種。
んで、私の喘息の病院、息子の病院・・・で、ゴールデンウィークになったので、
家族で(近所だけど)、フラフラと出かけるようになって、楽しんでいた矢先・・・、

実家から、トニー君(実家のわんこ)の調子が悪いと相談の電話が入った。
ゴールデンウィークでもやっている病院を紹介してもらい、診てもらうと、
即入院(+o+)
ご飯も食べられないし、呼吸もおかしい。
でも、治療をすれば、良くなると信じていた。

しかし・・・、

それから10日程で、彼は天国に行ってしまった(´;ω;`)

助けてあげられなかった。
今でも、振り返ると、トニー君の苦しい顔が浮かんで辛くなる。。。
どんなに悔やんでも、悲しんでも帰ってこない。

でもね、先生はすごく頑張ってくれました。

最初に行った病院で、「何か食べたんじゃないか?」と言われ、
点滴と抗生剤を投与してもらっていた様なの。 2回か3回病院に行ったみたい。
でも、どんどん悪くなってきたので、病院を変えたの。

ちなに、何も見ている限り変なものは食べなかったし、拾い食いはしない子です。
目を離したのは、朝喫茶店に行った時に店頭に縛っておいた時だけ。。。
その時に何かあったのか??

次に行った先生は、原因を調べるために手をつくしてくれた。
最初から、熱が40度を超えていたんです。 
解熱→レントゲン・・・負担の無い様にちゃんと調べてくれていました。
でも・・・、おそらく、トニー君にとって、毒になる物を食べたショックなのだろうと・・・、
それが診断結果でした。

治療を先生もトニー君も頑張ったけれど、
悲しい結果となってしまった。。。

一度は、手元で看取ってあげたいと退院させたが、
そのまま死なせてしまう前に、1%でも可能性があるのなら、治してあげたくて、
再治療(腹膜透析)の為に、再入院させた。
でも・・・、もうダメでした。

亡くなったトニー君をお迎えに行くと、
キレイな白いダンボールの中に、(試供品の小さい)ドッグフードがビニール袋の変わりに
全面に敷き詰められ、キレイに洗ってもらってフワフワになっていて、
そして、小さな可愛い花束を両手に抱きしめて眠る様に入っていました。

もう動かないトニー君の姿を見て、悲しいのと同時に、
そんな風にトニーの最期をキレイにしてくれた先生に感謝でいっぱいで、
涙が止まりませんでした。。。

先生は、初めての入院どころか、初めての宿泊で不安なトニーのために、
夜中に抱きしめてくれたり、冷たいタオルで顔をふいてくれたりしてくれました。
もうほとんど動けないトニー君は、病院に行くと、先生のそばに張り付いていて、
先生の事が大好きになったんだなーって、見て分かる程でした。

先生にお礼を言うと、「こんな事しかできないけれど、トニー君が気持ちいい顔してくれるから・・・。」
って、言ってくれる方なのです。
トニー君の不安な気持ち、辛さを、先生が支えて下さってた事に、心から感謝です。
飼い主である、両親も細かく説明をしてもらい、面会時間じゃない時間もいつでも入れてもらい、
別れは辛かったけど(今でも辛いけど)、最期を先生にみてもらえて良かったと言っていました。

我が家の犬たちも、いつかそんな別れがくることでしょう。 考えたくないけど・・・。
でも、最期を、優しく送ってくれる先生に預けたいと思い、
近々、帰国後初の検診におじゃまさせて頂こうと思っています。

トニー君、今までありがとう!
冥福を祈っています。
いつか、また会おうね!

そして、我が家の犬達が1日でも長生きしてくれて、
悔いの無い様に(←無理だと思うけど)、共に過ごしていこうと思います。


ニックネーム クゥーママ at 17:40| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする